貧血サプリメント

貧血サプリメントの選び方

貧血のサイン

 

女性にとって身近な病気である、貧血
鉄欠乏性貧血は、鉄分が不足することによってヘモグロビンが作られなくなり、身体中に酸素を運搬することが出来なくなります。

 

 

鉄欠乏性貧血の症状

 

鉄欠乏性貧血になると、全身に酸素が行き渡らなくなり、疲れや集中力の低下、めまいや立ち眩みなど、様々な症状が現れます。
いつもの事だから、とほおっておくと、重大な病気にも繋がり、最悪の場合、昏睡状態に陥る可能性もあります。
重症になる前に、貧血のサインを見逃さずに、早期発見・早期治療を行いましょう。

 

貧血といえば、先ほど書いたような症状の他にも、常に疲労感・倦怠感が残っていたり、頭痛動悸・息切れが現れます。

 

  • 疲労感・倦怠感
  • 頭痛
  • 動悸・息切れ

 

貧血の症状

 

しかし、これらのような症状から、貧血であるという根拠を見つけるのは難しく、気づきにくいことが多いです。
貧血特有のサインとして、氷を大量に食べる、爪がスプーン状に反る、瞼の裏が白い、顔が青白く顔色が悪い、などが挙げられます。
これらの前兆を見逃さず、いつもと違う怠さを感じたら、受診することをお勧めします。

 

  • 氷を大量に食べる
  • 爪がスプーン状に反る
  • 瞼の裏が白い
  • 顔が青白く顔色が悪い

 

 

貧血改善に効果的なサプリメント

めぐりの葉酸

めぐりの葉酸の特徴

何だか体がだるくて元気が出ない方、妊活中または妊娠初期の方に積極的に摂取してほしいのが葉酸です。
葉酸はほうれん草などの葉物野菜やレバーなどに多く含まれていますが、残念ながら熱に弱いため調理してしまうと栄養素が失われていきます。
ですので、サプリメントで上手に摂取することをおすすめします。
そこでおすすめしたいサプリメントがめぐりの葉酸です。
めぐりの葉酸は天然素材を100%使用している無添加のサプリメントなので、安心して服用することができます。
また、配合されている葉酸は天然酵母のもののため、吸収率が高くなっており、効率よく葉酸を摂取できます。 天然成分100%でできているので身体に優しいのも魅力。 身体のだるさがなくなると評判です。 ずっと12%お得のコースもあり。

価格 毎月300名限定の初限定 82%OFF 630円
評価 評価5
備考 18種類のキレイ成分を3粒に濃縮! 天然酵母100%なので身体に優しい
めぐりの葉酸の総評

後藤真希さんや佐野友妃子さん、菅野結以さんも愛用の『めぐりの葉酸』。 天然成分100%でできているので身体に優しいのも魅力。 身体のだるさがなくなると評判です。

白井田七

白井田七の特徴

サプリというのはとても多くの種類がありますが、食材としても使われることの多い漢方の力を利用したサプリ
美容と健康維持にもなりますし、白井田七はキャンペーンが行われていることからお得に購入できます。

漢方そのままは苦みもあって飲みにくいと感じてしまうものも多いですが、サプリであれば手軽に摂取することもできて良いでしょう。
味も気にすることなく飲むことが可能です。

価格 初回特別価格 3,980円
評価 評価4.5
備考 毎月300名限定 1袋コース

豊潤サジー

豊潤サジーの特徴

他の食材と比べられないほどの抗酸化力を持つ天然100%の果実ドリンクのサジードリンク。
ビタミン・ミネラル・アミノ酸など200種類以上の活性成分を含んでいるアンチエイジングドリンクです。

他の美容ドリンクとの違いは飲むと体調やお肌の調子の変化が今までにないくらい実感する事ができます。
サジーはニキビや肌荒れなどの肌トラブルだけでなく、冷え性や貧血、子供ができやすい体質改善に。
女性はもちろん男性にも人気がある奇跡のフルーツ。

サジーを効果的に摂取できるドリンクは豊潤サジーは保存料・香料・着色料を一切不使用で天然成分100%で安心です。
栄養価が高く、希少な「ビコアサジー」をぜひ体験ください。

価格 お試し 1,000円
評価 評価4
備考 数量限定 毎月先着1000名様

AFC葉酸サプリ

AFC葉酸サプリの特徴

最近、注目され始めてきたサプリメントの中に、AFC葉酸サプリという商品があります。特に、カルシウムなどのミネラルと一緒に摂取できるサプリメントで、厚生労働省の食事摂取基準を守れば、妊娠中の女性にとって、高い効果が確認されています。お値段も、安いもので月3千円から6千円の価格帯で販売されていて、この手のサプリメントでは、リーズナブルな価格となっています。AFC葉酸サプリを妊婦さんが効率的にとれば、きっと元気な赤ちゃんが生めるはずです。

価格 1,800円
評価 評価3.5
備考 新規購入者につき送料無料

 

 

食事のバランスを見直してみる

 

貧血は食生活に気を付けるだけでも改善します。
鉄分は肉や魚、貝、牛乳、大豆などに多く含まれています。
これらと同時にタンパク質やビタミンCを摂ることで、体内への吸収率がアップします。
食事のバランスに気を付けながら摂取しましょう。


貧血の知識

貧血の知識

 

月経中の貧血

 

立ちくらみがする、フラフラして座り込んでしまうことがあるなど貧血の症状に悩む女性が多くいらっしゃいますが、普段お悩みでない方も貧血に陥りやすいのが月経中です。

 

月経中には毎日出血がある為、その分体内の血液が減り、貧血状態になりやすいのです。
出血量は個人差があり少ない方、ものすごく多い方とありますが、出血量が多い方は注意して月経中には多めに鉄分を摂るようにしましょう。

 

 

 

妊娠中の貧血

 

月経と並んで女性が貧血になりやすい時期が妊娠中です。
妊娠すると、胎盤を作る為に体が沢山の血液を必要とします。

 

月経のように目に見えた出血がなく体内で起きていることなので実感は湧きにくいのですが、妊娠が分かったら胎児の体や胎盤の基礎が出来ていく妊娠初期から積極的に鉄分を摂取していきましょう。

 

 

 

貧血サプリメント

 

なかなか食べ物だけて鉄分を摂取するのは限界があり難しいという方も多くいらっしゃいます。
そんな方は貧血サプリで手軽に摂取する方法があります。
適量を守り、継続的に摂取することで貧血を予防することが出来ます。

 

今まで貧血になったことがないから大丈夫だと思っている方も、月経の出血量に変化があったり妊娠が分かったら鉄分の摂取を意識して、貧血になってしまわぬように注意しましょう。


貧血の種類

 

貧血の種類

貧血の一般的な症状は疲れやすい、何となくふらふらする、特に立ち上がった時の立ちくらみが強くなった、寒さに弱くなった、食欲がなくなったなどがあげられます。
進行してくると顔色が悪く青白くなったり唇の色が悪くなることも一つの症状です。

 

貧血と一言で言ってもその原因は多岐にわたり、貧血の種類によって治療法も異なってきます。
ですから、治療する際にはまず、貧血の原因が何であるかを見極める必要があります。
もっとも頻度の高いものが鉄欠乏性貧血です。
そのほかには、ビタミンB12欠乏性や葉酸の欠乏による貧血(悪性貧血)、再生不良性貧血、溶血性貧血、さらにほかの疾患が原因となって貧血となる二次性貧血などがあります。
次に、それぞれの疾患について簡単に説明します。

 

 

鉄欠乏性貧血

 

女性に多い貧血には、鉄欠乏性貧血があります。
これは、貧血全体の7割を占めるほど一般的なもので、血液中の鉄が欠乏することによって起こります。

 

体内の鉄分が不足すると

 

血液というものは、白血球、赤血球、血小板、血漿からなりたっています。
体内の鉄分が不足すると、赤血球の中のヘモグロビンと呼ばれるタンパク質が作られなくなります。
そして全身に酸素を運ぶ働きが低下してしまい、心臓は必要以上に働くことになります。
血液を全身に送り出そうとするため、心臓に負担がかかってしまいます。

 

鉄欠乏性貧血の原因

 

原因は、外食やインスタント食品を多く摂りすぎていたり、栄養が偏っていることも一つの原因です。
それ以外にも、生理の出血が長引いたり、量が多いために、貧血になってしまうこともあります。

 

鉄欠乏性貧血は乳幼児もなる

 

鉄欠乏性貧血は、最も頻度の高い貧血で、成人女性に多く見られますが、実は乳幼児にもみられます。
血液中の酸素を運搬する赤い色素であるヘモグロビンを作るには鉄が必要です。
乳幼児では体が急激に大きくなるので、その分、血液もたくさん作らなければなりませんが、その鉄が十分にミルクや母乳からは補充できないので鉄欠乏性貧血となります。

 

月経による血液喪失

 

また女性は周期的に生理があり出血しますので、男性と比べると血液の喪失量が多くなる為、鉄欠乏性貧血となりやすいのです。一般的に鉄欠乏による貧血は赤血球の中にあるヘモグロビンが作れないので、一つ一つの赤血球が小さくなってきます。
これを小球性貧血と呼びますが、小球性貧血の大部分の原因が鉄欠乏性貧血です。
診断に参考になる症状として、氷を好んで食べる、土など通常は食べないようなものを食べる異色症があります。

 

 

再生不良性貧血

 

血液は骨の中にある骨髄で作られます。
骨髄では白血球やリンパ球、赤血球、血小板という血液の成分が作られますが、すべての血液細胞の元の細胞は骨髄にある幹細胞といって、一種類の細胞です。

 

これらが徐々に、それぞれの細胞に変化して様々な血液の細胞に変化していきますが、これらすべての細胞が骨髄で作られなくなってしまう病気です。

 

まれな病気で、20歳代と60過ぎに多く見られます。原因は明確には明らかになっていませんが、何らかの感染などが引き金になり免疫異常を引き起こして発症するのではと考えれています。

 

治療は免疫抑制療法が基本となりますが、治療がうまくいかない場合は、HLAの一致したドナーからの骨髄移植が必要な時もあります。

 

 

溶血性貧血

 

赤血球の寿命はおおよそ3〜4か月程度で、常に古いものが壊され新しい赤血球が作られています。
しかし、女性に多く見られる自己免疫性疾患という、体内の免疫システムの異常により自分の体を自分が攻撃してしまう病気があります。

 

自己免疫性疾患

 

このような病気の時、赤血球も間違えて攻撃対象となってしまい破壊されることがあります。
破壊された赤血球は壊れて、血液中に溶けてしまうため溶血と呼ばれますが、溶血が進行して貧血となることを溶血性貧血と言います。

 

その他の病気によるもの

 

溶血性貧血の原因はこの自己免疫性疾患だけではありません。
遺伝的、先天的に赤血球の形が異常な病気の人がいます。

 

赤血球はもともとは中央がへこんだ円盤状の形をしています。
しかし、円盤状ではなく球状だったり鎌の形をしているなどの病気があります。

 

このような病気の場合、赤血球が非常に壊れやすかったり、脾臓などで破壊されやすかったりするので溶血が起きやすくなります。健康な時は何とかなっていても、風邪などの軽い病気になっただけで溶血が急激に進行して貧血が一気に進んでしまうことがあります。

 

 

悪性貧血

 

悪性貧血というと癌などの悪い病気と思ってしまうかもしれませんが、そうではありません。
悪性貧血とはビタミンB12や葉酸が不足して貧血を起こしてしまう病気です。

 

以前は治療方法がなかったため、悪性貧血という、あまりイメージの良くなさそうな名前が付けられましたが、現在は治療ができる貧血です。

 

赤血球を作るには鉄も必要ですがビタミンB12も重要です。
ビタミンB12は吸収される際には胃から分泌される内因子と呼ばれる物質が必要ですが、胃を切除してしまうような病気になるとこのビタミンB12が吸収できなくなってしまいます。

 

さらにビタミンB12は神経の成長などにも関与していて、欠乏してくるとしびれたり皮膚などの感覚が悪くなったり麻痺したり、記憶力が低下したり、重度になると認知症症状を呈することもあります。
この疾患では赤血球のもとになる骨髄の赤芽球が大きくなるため、巨赤芽球性貧血と呼ばれることもあります。

 

 

二次性貧血

 

二次性貧血とは血液以外の病気により貧血となってしまったものです。
ですから自己免疫性疾患による溶血性貧血も二次性貧血の一種であるといえます。」
ほかには、胃がんや大腸がんなどの消化管の悪性腫瘍により徐々に出血して貧血が進行した場合や、腎臓や肝臓などの病気により貧血が起きることもあります。

 

特に腎臓は骨髄での赤血球産生を促進する働きのあるエリスロポエチンという物質を作るので、この物質を作れなくなるような状況になると貧血が起きます。

 

 

続発性貧血

 

また、続発性貧血は、骨髄や赤血球などの血液の病気以外で起こる貧血で、二次性貧血ともいい、感染症や慢性関節リウマチ、悪性疾患、腎疾患、消化器疾患、内分泌疾患によるものがあります。

 

 

 

ビタミン欠乏性貧血

 

そのほかにも、ビタミン欠乏性貧血というものもあります。
これは、ビタミンB12や葉酸の欠乏によって、血液の成分が正常に作られなくなったり、巨大な赤血球ができてしまうことで起こる貧血で、白血球や血小板にも影響が起こるため、血液の成分すべての血球が少なくなってしまいます。
この貧血は、舌の表面がツルツルになって、味覚障害を起こしたり、食欲不振などの症状もみられるのが特徴です。

 

 


 

貧血の予防

貧血の予防

 

食事療法で貧血を改善

 

貧血を予防するには食事に気を付ける食事療法が良いとされています。
貧血は食事をどのようにしてきたかが問題で、日々の積み重ねで起こっています。
偏った食生活や偏食、インスタント食品や外食、ダイエットのし過ぎなどで貧血になってしまうと、簡単には回復しないことがあります。

 

 

鉄分を多く含む食品

 

貧血防止になる栄養素は鉄分ですが、鉄分には、ヘム鉄と非ヘム鉄とがあり、中でも動物性のヘム鉄の方が貧血には良いとされており、、鶏レバーや、豚レバー、牛ひれ肉に多く含まれています。

 

 

 

鉄分の吸収をよくする食品

 

また、貧血防止には、鉄分だけではなく、ミネラルやたんぱく質、必須アミノ酸が必要になります。
たんぱく質は吸収を助け、血液をつくるのに大切であるので、鉄分だけでなく、たんぱく質にも注目します。

 

 

 

貧血にサプリも有効

 

まんべんなく様々な食材を取り入れるのが良いですが、毎日レバーなどを摂取するのは難しいです。
また、レバーは好き嫌いが多く、調理にも時間がかかります。
そのような時は貧血サプリを上手に活用すると良いでしょう。

 

貧血予防になるサプリとしては、鉄分だけが含まれているものでなく、たんぱく質や必須アミノ酸、ミネラル分も含まれているものです。トータルして栄養を補えるものにすると改善されていきます。

 


貧血サプリメント めぐりの葉酸を2週間続けた結果

貧血サプリメント めぐりの葉酸

めぐりの葉酸は粒タイプだったので飲みやすかったです。

 

貧血を改善するためにめぐりの葉酸を飲んでいたのですが、葉酸には赤血球の形成の働きがあるので、飲み始めて2週間後には、立ちくらみなどの症状がずいぶんよくなりました。

 

長時間立っているとフラフラとして気持ち悪くなることもあったのですが、めぐりの葉酸のおかげで改善することができました。
天然成分100%なので身体にも安心して飲むことがでいたのもメリットです。

 

妊娠中で貧血が心配

めぐりの葉酸

10代の頃から貧血気味で処方薬を飲んでいましたが妊娠したため妊婦でも飲める処方薬に代えたところ症状が重く、だるさや頭痛などの症状にも悩まされる様になり困っていました。

 

同じ妊婦の友人が貧血サプリ めぐりの葉酸を飲んでいると聞いたので試してみたところ貧血の症状が処方薬よりも改善し、身体が楽になり身体のだるさがなくなったので続けて飲もうと思っています。

 

妊婦に必要な栄養素である葉酸が摂取でき身体に優しい成分でできているので安心して飲んでいます。

 

家族の皆で飲んでいるサプリ

白井田七

白井田七はいろいろな成分がたっぷりと含まれているので身体にいいよと妻に勧められたのが飲むきっかけです。妻は貧血気味なのでのも始めたのですが、貧血以外にもいろいろと効果が期待できて漢方だから安心といわれて飲み始めたのです。

 

私自身も糖尿の気があるので、飲み続けることで改善することができたらいいなと思っています。
家族で同じものを飲むことができるので、無駄にいろいろと選ぶ必要もなくて便利でいいなと感じています。

 

同じく貧血気味の友達おすすめ

貧血サプリメント 豊潤サジー

わたしは、子供の頃から貧血気味ですごく悩んでいました。

全校集会で長時間立っていると、当たり前のように倒れてしまうのです。

 

そんな自分の体質について同じ悩みを持つ友人に相談した所、豊潤サジーというドリンクを紹介してくれました。

 

これには鉄分が豊富に含まれているので、即効で貧血に効くと説明されました。
癖があるという意見もありますが、私はそんなに嫌じゃなくてフルーツ味で飲みやすいと感じました。

 

おかげで、貧血の症状が治まり、おまけに肌トラブルも改善されました。
高い効果を感じたことから、今では毎日、牛乳で割って飲んでいる状況です。