成人女性20〜25%が貧血になると言われています。

女性に貧血が多い理由

女性に貧血が多い理由

 

貧血というと女性特有のものと思われるくらい女性がイメージされます。
事実、男性が貧血になるのは2%程度で、成人女性20〜25%が貧血になると言われています。

 

 

月経

 

貧血が女性に多い理由の大半は、血液の関係です。
月経による出血があれば、血液不足から赤血球が不足し、酸素が身体中にうまく運べなくなり、酸欠状態になります。

 

 

ダイエット

 

痩せたい一心から過激なダイエットをすれば、赤血球を作るのに必要な栄養素である鉄分、タンパク質、ビタミンなどが不足します。
栄養が不足すれば、貧血と結びつきます。

 

 

妊娠

 

赤ちゃんができれば、おなかの中にも酸素をたくさん送る必要が出てきます。
そうすれば、母体は貧血状態になります。
妊娠中は赤血球は増えますが、それ以上に血液の水分量が増すので、赤血球の密度が相対的に薄くなってしまいます。

 

 

女性の20%は貧血予備軍

 

こうしたことから、女性はどうしても貧血になりやすいというわけです。
だから、女性の20%は貧血予備軍ともいわれています。

 

 

男性はなりにくいのは「男性ホルモン」の量の違い

 

逆に、男性はなりにくいのですが、それは、「男性ホルモン」の量の違いと言われています。
男性ホルモンは、女性ホルモンに比べて、血液を新たにつくる指令を活発に出しているからです。
つまり、男性は、出血を伴うことが少ないことと、男性ホルモンが多いことによって、貧血になりにくいのです。